リモートマイク(リダイレクトマイク)

フォローする

リモートマイクを使用すると、あたかもリモートコンピュータの前に直接座っているかのように、ローカルコンピュータのマイク入力をリモートコンピュータで行うことができます。これにより、リモート接続しながらSkype、Teams、Zoom、VoIPなどの通話に参加したり、音声ディクテーションや録音ソフトを使用することができます。

注意:Gatewayのバージョンv3.14.0 以上から対応しています。

要件:

  • ローカル コンピュータ: Windows または iOS -On-Prem アプリv3.4.4.0以降、Mac - On-Prem アプリ v3.4.8.0以降, Android On-Prem App v3.5.2.0以降に対応しています。
  • リモートコンピュータ: Windows 7 以降 - Splashtop Streamer v3.4.4.0以降、Mac - On-Prem アプリv3.4.8.0以降に対応しています。
手順-Windowsの場合
  1. リモートコンピュータに接続します。
  2. セッションツールバーの「アクション」->「 リダイレクトマイク入力」の順にクリックしてください。
    mceclip0.png
  3. リモートコンピュータのマイク入力が「Splashtop Virtual Audio Device」に変更されます。
    mic_input2_en-us.PNG
  4. 「アクション」→「 リダイレクトマイク入力 」をクリックすると、マイクのミュートとミュート解除を切り替えることができます。「アクション」アイコンには、ミュートされていないときは緑色、ミュートされているときは赤色のインジケータがが表示されます。
    mceclip1.png
    mceclip2.png
使い方 - iPhone/iPad
  1. リモートコンピュータに接続します。
  2. セッションツールバーの「Actions」アイコン->「 リダイレクトマイク入力」の順にクリックします。
    mceclip0.png
  3. リモートコンピュータのマイク入力が「Splashtop Virtual Audio Device」に変更されます。
    mic_input2_en-us.PNG
  4. 「アクション」→「 リダイレクトマイク入力 」をクリックすると、マイクのミュートとミュート解除を切り替えることができます。「アクション」アイコンには、ミュートされていないときは緑色、ミュートされているときは赤色のインジケータがが表示されます。
    mceclip1.png
    mceclip2.png
ユーザーにリモートマイクを利用させない方法 
 
Splashtop On-Prem チームのオーナーは、デバイスリダイレクト機能(リモートUSB)全体、または一部の USB クラスをすべてのユーザーに対してオフにすることができます。
オーナーの認証情報でGatewayにログインします。「管理」⇒「チーム設定」にアクセスします。
チーム設定から、マイク入力(リモートマイク)を無効にすることができます。
mceclip0.png

その他の注意事項

  • マイク入力は、無人セッション(SRS機能)でのみ利用可能です。
  • 同時進行のセッションでは、1つ目のセッションのリダイレクションマイクの入力が、リモートコンピュータの入力を占有します。2つ目のセッションのリダイレクトマイク入力は機能しませんが、インジケーターは動作します。

トラブルシューティング

マイク入力がうまくいかない場合や、何か提案がありますか?サポートチケットからお問い合わせください。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。