RDPプロファイルの作成方法は?

Splashtop Connector では、プロファイルを設定することにより、RDP リソースを Splashtop On-Prem アプリがアクセスできるようになります。プロファイル設定は、全般Streamer設定RDP設定 の 3 つのセクションで構成されています。

Splashtop コネクタでは、複数のプロファイルを作成できます。これらの RDP リソースは、Splashtop チームの合計コンピュータ数にカウントされます。

プロファイルを有効にして、RDPリソースをリモートアクセスで使用できるようにします。

mceclip0.png

一般設定

  • プロファイル名 は、Splashtop On-Prem クライアントアプリに表示されます。プロファイルに意味のある名前を付けて、RDP マシンが何のためにあるのかをユーザーに知らせます。
  • セッション記録の有効化 、このオプションをオンにすると、RDP セッションが自動的に記録され、これは個々のプロファイルに基づいて設定することができます。記録は、Splashtop Connector マシンの指定されたパスに保存されます。

ストリーマ設定

  • Gatewayアドレス 、Splashtop Connector は 1つの Gatewayに限定されます。ユーザーは「設定」ページでGatewayアドレスを設定する必要があります。確認されたGatewayアドレスのみを保存することができます。
  • コードの配布 、Splashtop は大量配布パッケージを使用して、RDP リソースのデフォルトのコンピュータグループとアクセス許可を決定します。大量配布パッケージの作成方法については、こちらの記事をご覧ください。作成したら、このフィールドに大量配布コードを入力します。

RDP 設定

  • モード, Splashtop Connector は、個々のコンピュータに対する RDP と、仮想デスクトップとしての RDS の両方をサポートします。RDS には Windows Server と RDS のライセンスが必要です。
  • プールサイズ 、RDS を選択した場合、プールサイズを設定することができます。これは、何人のユーザーが RDS 仮想デスクトップに同時に接続できるかを意味します。このプールサイズは、Splashtop チームのコンピュータの合計数に貢献します。
  • リモートコンピュータ :リモートコンピュータのIPやDNSを事前に設定したり、マシンに接続する際にユーザーにこの情報を入力するように依頼することができます。
    • 接続するリモートコンピュータを指定するようユーザーに依頼します 、1度きりのサポートに便利です。
    • 指定された情報の固定リモートコンピュータ 、特定のマシンに接続する場合にご利用ください。
  • ログイン認証情報
    • Windowsのユーザー名とパスワードでログインするようにユーザーに依頼します、ユーザーが接続するには、リモートコンピューターのログイン資格情報を入力する必要があります。
    • 固定のユーザー名とパスワード :ユーザーは事前に設定されたユーザー名とパスワードを入力してリモートコンピュータに接続することができます。
  • RemoteAppモードで実行します :RDSサーバーにリモートアプリを設定して公開している場合、セッションをリモートアプリモードで実行させることができます。このオプションをオンにすると、リモートアプリケーションのさらなる設定が可能になります。
    • 必要に応じてリモートアプリのエイリアス、またはリモートアプリのフルパスを選択してください。
    • オプションのリモートアプリケーションパラメータを使用するには、RDSサーバーでリモートアプリケーションパラメータのサポートを有効にする必要があります。
  • ビット深度 :色深度を選択します。
  • オーディオ再生 :オーディオ再生オプションを選択します。

 

プロファイルを有効にするには、「保存後すぐにこのプロファイルを有効にする」をオンにします。もしくは、メインウィンドウからもプロファイルを有効化することができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。