リモートセッションではどのくらいのネットワーク帯域幅を使用しますか?

フォローする

Splashtopのリモートセッションを技術的に説明すると、リモートコンピュータ(ストリーマー)のデスクトップ画面をキャプチャし、そのキャプチャスクリーンショットをフレームごとにローカルデバイス(クライアント)に送信することによって実現されます。各フレームは、端から端まで転送する際にデータを消費するので、総データ使用量はほぼ全フレームの合計になります。

なお、リモートセッションのデータ消費量は、以下によって大きく変化する場合があります。

  • リモートセッションの画面解像度
  • リモートセッションのフレームレート
  • デスクトップ画面内容(アプリウインドウ、アイコン、壁紙など)
  • フレーム間の画面内容のダイナミクス

クライアントアプリで使用できるフレームレートには、次の3つの設定があります。

  • 高:30 fps
  • 中:15 fps
  • 低:8 fps

以下の表をベンチマークとして、ストリーマーPCで解像度1024 x 768でビデオが再生されている場合、リモートセッションが消費する帯域幅を大まかに計算することができます。

 

フレームレート(fps) 解像度 ネットワーク トラフィック(KB/秒)
30 1024×768 200-400
15 1024×768 100-200
8 1024×768 50-120

 

一般的に、ストリーマーPCでビデオを再生すると、同じ解像度とフレームレートの場合、通常の事務的な作業よりもはるかに多くのデータが消費されます。推定上、リモートセッションを介したオフィスワークは、一定のビデオストリーミングの約1/3のデータトラフィックを使用すると仮定できます。

これにより、1080P解像度と30fpsのリモートオフィス作業に必要な帯域幅は、次のように概算できます。

帯域幅の下限 = 1920 x 1080 / 1024 / 768 x 200 x (1/3) = 176 KB/秒

帯域幅の上限 = 1920 x 1080 / 1024 / 768 x 400 x (1/3)= 352 KB/秒

これは、1.4 - 2.8Mbpsに変換されます(注: 1KB = 8Kb)

 

リモートセッションの帯域幅が限られている場合は、次の方法でパフォーマンスを最適化できます。

  • リモートコンピュータのデスクトップを単色の背景に設定(On-Premアプリのオプションで利用可能)
  • リモートセッションの解像度を低く設定(On-Premアプリの歯車アイコンから設定可能)
  • フレームレートを中または低に設定(On-Premアプリのツールバーから設定可能)
  • ビデオレンダリングオプションで「Direct3D with YUV」を使用(On-Premアプリの「オプション」で設定可能)
5人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。