ビデオレンダリングオプション(Windows - Splashtop On-Prem アプリ)

フォローする

Windows用のSplashtop On-Premには、リモートセッション中に最適なパフォーマンスを実現し、特定の互換性の問題を回避するためにいくつかの異なるビデオレンダリングオプションが用意されています。

 

要件

Windows用Splashtop On-Prem v3.3.8.0 以降

 

別のレンダリングオプションを選択する方法

  1. Splashtop On-Prem アプリにログインし、「ファイル」メニューの「オプション」>>

          hdoptions.png

2. 「詳細設定」タブに移動します。 「ビデオレンダリングオプション」の下のドロップダウンメニューをクリックして、 使用可能なオプションを選択します。

    Capture1.PNG

レンダリングオプションの説明

  • Direct3D with YUV(デフォルト): On-Prem アプリのデフォルト設定です。この設定は、ほとんどの状況下で最高のパフォーマンスを実現し、CPU使用率を最小限に抑えることができます。

  • SDL with YUV : Splashtop On-Prem で「ビデオデバイスの初期化に失敗しました」というエラーメッセージが表示される場合やリモート画面が表示されない場合は、この設定をお試しください。これらの症状は、DirectX / Direct3Dが有効になっていない、または、正常に動作していない可能性があります。
    また、画面録画をオンにしたことで、リモートセッションのパフォーマンスが大幅に低下した場合は、この機能をお試しください。

  • ソフトウェア:上記の問題がSDL with YUVを使用しても解決されない場合、または他のレンダリングオプションで問題が発生した場合は、この機能をお試しください。ソフトウェアオプションはより多くのCPUリソースを消費しますが、異なるハードウェアプラットフォーム間で最適な互換性を保つ場合があります。
    v3.3.8.0より前のバージョンでは、「代替レンダリングエンジン」という名前のオプションでした。

  • RGB対応 Direct3D:このオプションは、v3.3.8.0以前のバージョンではデフォルト設定でした。 なお、最適なパフォーマンスを得るためには、Direct3D with YUVを選択することを推奨しています。

 

Splashtop On-Prem アプリを以前のバージョンからv3.3.8.0にアップデートした場合

  • 変動性を減らすために、Splashtop On-Prem アプリは以前の設定を引き続き使用します。
  • アプリがデフォルトの設定を使用していた場合は、引き続き同様の設定が使用されます(現在は Direct3D with RGB という名前です)。
  • アプリが「代替レンダリングエンジン」を使用していた場合は、引き続き同じものします(現在はソフトウェアという名前です)。
  • パフォーマンスを向上のために Direct3D with YUV に切り替えてお試しいただくことを推奨します。
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。