サードパーティの統合に必要なAPIキーの設定方法

API キーは、 Splashtop Gateway で生成できされサードパーティのチケットシステムに渡されます。
サードパーティのチケットシステムは、Splashtop On-Premのバックエンドへのアクセスを認証するためにこの API キーを使用します。APIキーは、基本的に、チケットシステムとSplashtop On-Premのバックエンドをつなぐ役割を担っています。チケットシステムとは、Freshservice、Freshdesk、Zendesk、Jira、ServiceNow などのサポートポータルを指します。

API キーの生成は、Gateway Portalから行います。

Gateway Webポータルの「管理」⇒「チームの設定」の順にクリックし、「Splashtop On-Demand Support 設定/SOS」項目のサードパーティの統合を確認します。 mceclip0.png

「APIキーのセットアップ」 ボタンをクリックすると、ポップアップウィンドウが表示されます。
チケットシステムのプロバイダーの左側のボックスにチェックを入れてAPIキーを生成します。

mceclip2.png

生成したAPIキーをコピーして、チケットシステムアプリの設定の適切なフィールドに貼り付けます。
新しいAPIキーが必要な場合は、更新ボタンを1回クリックすると、自動的に新しいキーが生成され、古いキーは破棄されます。この場合、Splashtop On-Premのバックエンドで認証に失敗することがありますので、チケットシステム側でAPIキーを忘れずに更新してください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。