Splashtopアプリを使用して最高のパフォーマンスを得るにはどうすればよいですか?

フォローする

Splashtopアプリは、ネットワークを介してリアルタイムでPCまたはMacの画面をタブレットにストリーミングするので、パフォーマンスは主に次の2つの条件に依存します。

  • 帯域幅容量と実際に使用可能な帯域幅
  • コンピュータのパワー

Splashtop アプリを使用してコンピューター画面をタブレットまたはスマートフォンにストリーミングするときのストリーミングパフォーマンスを改善するための提案を以下に示します。

  1. ストリーマーをインストールするコンピュータには、デュアルコアCPU以上を搭載した高性能なコンピュータの使用をお勧めいたします。ご利用のコンピュータがシステム要件を満たしているかの詳細は、こちらのリンクからご確認ください。
  2. 安定した強力なネットワーク環境でタブレットを使用してください。基本的に、スターバックスや空港のような公共の場所では、接続に3Gを使用している場合でも、ネットワーク品質が良好ではありません。
  3. コンピューターとワイヤレスルーター間のネットワーク帯域幅を最適化する:
    Wi-Fi ではなくイーサネットケーブルを使用して、コンピューターをワイヤレスルーターに直接接続します。
  4. 場合によっては、ルーター(ファームウェア)のQoS(Quality on Service)設定により、各接続スレッドの帯域幅使用量がデフォルトで制限される場合があります。コンピュータが高性能な場合やローカルネットワーク内で使用されている場合、この設定を【オフ】にすることで、パフォーマンスが大幅に向上します。
  5. タブレットやスマホ、コンピュータが同じローカルネットワーク上にある場合は、ストリーマー側でのファイアウォール設定をオフにすることでローカルでのダイレクト接続を可能にします。ファイアウォール設定に関する詳細は、こちらをクリックしてご確認ください。なお、例としてMicrosoft Security Essentialsは、タブレットとコンピュータ間でのストリーミングの遅延を引き起こす可能性があります。詳細は、以下の「その他」項目をご確認ください。
  6. ディスプレイ解像度を最適化する:タブレットまたはスマートフォンで、xDSL または 3G データプランが遅い場合は、ストリーミングデータサイズを最小化するために、ディスプレイ解像度を 1024 x 768 (800 x 600) に設定します。

    メモ:タブレット側で解像度を調整すると、接続セッション中にコンピュータの解像度が自動的に縮小され、切断されると元の解像度に自動的に復元されます。

  7. 動画モードの最適化(一部の Android デバイスでは非サポート)
    タブレット、または、スマホでリモートセッション中に右下隅にあるアイコンをダブルクリックして「コントロール」を表示します。コントロールバーから「A」の付いたアイコンを選択し、動画モードをスムーズに設定します。(詳細はこちらをクリックしてご確認ください)

    ※:
    • デフォルトでSplashtop アプリセッションはシャープ ビデオモードを使用しますが、ムービーの再生にはスムーズ ビデオモードの方が適している場合があります。
    •スムーズモードは、ビデオをタブレットにストリーミングするときにより多くのCPUパワーを消費します。そのため、デュアルコアなど、コンピュータのCPUが高性能である場合にのみスムーズモードを使用することをお勧めします。

  8. クライアントデバイスがAndroidを実行していて、広告ブロッカーが埋め込まれたカスタマイズされたROM(Galaxy Task 14 ROMなど)がある場合、Splashtopストリーミングがブロックされ、深刻なレイテンシーが発生します。何か違いがあるかどうかを確認するためにそれを取り出してください。

その他:

** ユーザーからのフィードバック:"DPC(Deferred Procedure Calls:遅延プロシージャコール) の待機時間が長すぎるため、ビデオ、または、オーディオのストリーミングでドロップアウトが発生しました。解決策の例として、Microsoft Security Essentialsのリアルタイム保護を【無効】にします。
これで問題が解決したことを確認した後、指示に従ってMsMpEng.exeを除外リストに追加しました。また、Splashtopリモートファイルを除外リストに追加しました。なお、この解決策は自己責任で行ってください。
DPC待機時間を確認する場合は、https://www.thesycon.de/eng/latency_check.shtml で DPC待機時間チェッカーをダウンロードしてください。その他の有益な情報のリンクは次のとおりです:
https://answers.microsoft.com/en-us/protect/forum/protect_start/mse-...  https://www.sevenforums.com/sound-audio/22369-realtek-windows-7-64rt...

この問題は、Microsoft セキュリティEssentials の動作を変更することで解決できます。MSEを使用していなくても、まだ問題が発生している場合は、DPCレイテンシチェッカーとse venforums.com で上記のスレッドをチェックアウトすることを強くお勧めします。"

**Androidデバイスの場合:バージョン3.0のAndroidオーディオモジュール(Xoom)に既知の問題があります。Androidクライアント側でオーディオがポップします。この問題は、Androidバージョン3.1にアップデートすることで修正できます。

 

ヒント:Core 2 Duoなどの旧型のコンピュータでSplashtopストリーマーをインストールして、CPU消費を抑えて多くのアプリケーションを実行できるようにしたい場合は、レジストリファイルのインポートに関する記事を参考にすることでストリーミングフレームレートを下げることが可能です。

Windows の場合:

  1. 添付ファイルをローカルドライブ(fps.txt)にダウンロードします。このファイルのフレームレートのデフォルトは5です(16進数のDWORDは00000005)。
    CPUの消費量を減らしたい場合は、値を '3' に変更できます。
  2. ファイル名を fps.reg に変更します。
  3. それをダブルクリックして、システムにインポートします。これにより、システム警告メッセージがトリガーされる可能性があります。その場合は、続行することに同意してください。
  4. Streamer を閉じて再度手動で起動して有効にするか、単にコンピュータを再起動します。
  5. もう一度接続して、ご使用の環境でうまく機能するかどうかを確認してください。この値を上下に調整して、個人のケース (16 進数) に合わせます。

注:この非表示機能はスムーズモードと競合します。そのため、この機能を【有効】にするときは、ビデオモードをシャープモードのままにしてください。

Mac の場合:

  1. Macのplist ファイルを編集するためのエディタツールを用意します。以下に主なエディタツールを紹介します。
    1.Xcode(Apple純正): https://developer.apple.com/xcode/
    2.PlistEditor(サードパーティ):https://www.fatcatsoftware.com/plisteditpro/
  2. 画面上メニューの「移動」「フォルダへ移動」を開き、以下のパスを入力します。 ~/Library/Preferences/
  3. 「com.splashtop.Splashtop-Streamer.plist」を選択し、上記のようなエディタツールで開いて編集します。
  4. 新しい子を追加します。,「SharpFPS」, タイプ:数値, 値:5 (または 3 または...).
  5. スプラッシュトップストリーマーを閉じてから、再起動します。

注:このパラメータの値は、Windowsのような正確なフレームレートをもたらすことはできません。少し変動があります。
例:
Fps 値 = 5 — 1 秒あたりの実際のフレームレートは 5 ~ 10 になります。
Fps 値 = 15 — 1 秒あたりの実際のフレームレートは 15 ~ 22 になります。

 

2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。