SSOユーザーの作成

GatewayでSSOメソッドを設定後、SSOユーザーを追加できるようになります。

要件

  • Splashtop Gateway v3.24.0以降

SSOユーザーの追加

1. 手順に従って SSOメソッドを申請します。

2. 「管理 」タブ⇒ 「ユーザー」に移動し、上部の 「追加 」ボタンをクリックして、「SSOユーザー」を
選択します。 

3. SSOユーザーの必要な情報を入力し、「追加」をクリックします。

  • アカウント: これはSSOユーザーのログインアカウントであり、Gateway内で一意です。
  • 認証: 関連付けるSSOメソッドを選択します。
  • ユーザーを有効にする: この項目が有効になっている場合、ユーザーはリモートセッションを
    確立できます。無効の場合、リモートセッションは無効になります。
  • Webアクセスを有効にする: この項目が有効になっている場合、ユーザーはWebポータルにアクセスできます。無効の場合、Webアクセスが拒否されます。
  • グループ:ユーザーをグループ分けすることができます。グルーピングすることでユーザー管理/
    アクセス権の設定を効率的に行えます。
  • ロール: システムには2種類のロールがあります。
    • アドミン:アドミンは、ユーザー・コンピューターの管理、アクセス許可の付与などを行うことが
      できます。アドミンもリモートセッションを持つことができます。
    • メンバー: メンバーはアクセス許可が付与されたコンピュータのみリモートセッションを
      行うことができます。
  • SOS技術者:SOSオンデマンドのサポート機能を有効にします。  
  • 追加: SSOユーザーをターゲットグループに追加します。

SSO グループ/SSO グループメンバーの追加

SSO グループ/SSO グループメンバーを手動で追加することはできず、これらの項目は SCIMプロビジョニングを通じてのみ作成できます。

注: SSOグループメンバーは、親SSOグループのユーザーロールとアクセス許可を継承します。

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています