排他モード

排他モードの設定は以下の権限が行ってください。
オーナー、アドミン、アドミン(グループ)

はじめに

排他モードは、予定されたアクセス 機能で利用できるオプションです。

特定のスケジュールに含まれるコンピュータがWindows/Macのログイン画面になっている場合にのみアクセスできるようにします。OSにログインしてユーザーがコンピュータを利用しているとき、そのコンピュータに他の人をアクセスすることができなくなります。

排他モードは、コンピュータの前に実際にいるユーザー、またはSplashtopセッションを通じてリモートで接続しているユーザーに適用されます。

排他モードを有効にする方法

排他的モードは、新しいリソースの作成時に有効にすることも、既存のリソースに適用することもできます。

「管理」⇒ 「予定されたアクセス」⇒「編集 /リソースを作成」

mceclip1.png

リソースで「排他的サポート」を有効にすると、スケジュールの排他的モードを構成(オン/オフ)する機能のみが付与されます。リソース内のすべてのスケジュールのデフォルトとして設定すること、またはスケジュールごとに個別に設定も可能です。

リソース内の全てのスケジュールに排他モードをデフォルトで設定する方法

排他的モードは、デフォルトのオプションとして設定することができ、この設定を変更した後に新たに作成されたスケジュールに適用されます。(以前に作成されたスケジュールには影響しません)

設定を有効にすると、リソースのすべての新規スケジュールは、デフォルトで排他モードになります。
※強制オプションではありませんので、スケジュールごとに排他モードをオフにすることも可能です

「管理」⇒ 「予定されたアクセス」⇒「編集 /リソースを作成」

mceclip7.png

特定のスケジュールにのみに排他モードを設定する方法

排他モードを特定のスケジュールに対して設定することができます。新規にスケジュールを作成するか、既存のスケジュールを編集して設定することができます。

mceclip5.png

「詳細設定」 をクリックして、「排他的アクセス管理」を選択してください。

mceclip0.png

この設定を行うことで、リソースの一部であるすべてのコンピュータは、スケジュールの期間中、排他的アクセスでリモート接続を行うことができます。

 

重要な注意点:

排他モードを使用すると、現在Windows/Macのログイン画面が表示されているコンピューターにしかアクセスすることができなくなります。ユーザーが手動でログアウトするのを忘れたため、コンピューターがロック画面にならかったことを防ぐために、この機能 mceclip0.pngを使用することをお勧めします。

「切断時にユーザーをログアウトする」と「ユーザーがログアウトする前に画面をロックする...」機能をご利用になるには Splashtop Streamer v3.4.4.0 以降が必要です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。