予定されたアクセス

概要

予定されたアクセスは、指定したコンピュータへのリモート接続を特定の日にちや時間に限定して設定ができる便利な機能です。

いくつかの例示されたスケジューリングシナリオについては、こちらの記事を参照してください 。

注意事項と詳細

  • スケジュールされたアクセスは、 「管理」⇒「ユーザー」 で設定された既存のユーザー/グループのアクセス許可に加えて付与されますが、既存のユーザー/グループのアクセス許可を上書きすることはありません。
  • 「管理」⇒「ユーザー」スケジュールされたリモートアクセスのみが必要なユーザーに対して既存のアクセス許可が構成されている場合は、これらの既存のアクセス許可の関連付けを解除して、スケジュールされたアクセス機能を使用することをお勧めします。
  • チームオーナーとアドミンは、スケジュールされたアクセス機能の管理を行うことができます。
  • オープンラボアワーの場合には、別のスケジュールを作成し、そのタイムスロットを構成することができます。たとえば、0:00~9:00には、すべてのメンバーグループを含んで作成します。 17:00 ~23:59別のタイムスロットで、メンバーのグループを作成します。
  • 適切なリモート接続切断警告メッセージを受信するにSplashtop On-Premアプリv3.4.4.0以降が必要です。
  • コンピュータ選択ページは、InternetExplorer11ではうまく動作しない場合があります。InternetExplorer11で問題が発生する場合 , 別のブラウザを試すか、InternetExplorerをアップグレードしてください。

スケジュールされたアクセスの設定

  1. 新しいスケジュールを作成する前に、https://{gatewayaddress}「管理」⇒「設定」に移動して、スケジュールされたアクセスのタイムゾーン設定をご確認ください。既にスケジュールが設定されている場合、タイムゾーンを変更することはできません。チームのオーナーのみがこの設定を変更することができます。mceclip1.png
  2. https://{gatewayaddress} ⇒「管理」⇒「スケジュールされたアクセス」に移動します。 
    mceclip8.png

  3. 「リソースの作成」をクリックし、必要事項を入力します。リソースには、特定のコンピュータなど、アクセスをスケジュールするコンピュータの設定が含まれます。
    mceclip2.png
  4. 「詳細設定」をクリックして、 排他モードのサポートを有効にします。この設定は、オペレーティングシステムにログインしているユーザーがいる場合に、リモートユーザーがコンピューターにアクセスできないようにします。これは、ユーザーがローカルで使用されているコンピューターに接続するのを防ぐのに役立ちます。ログアウトとロック画面の設定は、学生がOSアカウントからログアウトするのを忘れた場合にも役立ちます。
    mceclip3.png
  5. リソースで利用可能にするコンピュータまたはコンピュータグループを選択します。
    mceclip6.png
    mceclipp4.png
  6. (オプション)リソースのスケジュール管理を支援するグループ管理者を割り当てます。
    グループ管理者には、リソースとスケジュールを作成する機能もあります。
    mceclip5.png
  7. コンテキストドロップダウンメニュー(歯車ボタン)から[スケジュールの管理]をクリックして、リソースにスケジュールを割り当てます。
    mceclip10.png
     mceclip9.png
  8. 名前、開始日、および繰り返しを入力して、リソースのスケジュールを作成します。スケジュールに関連付けるユーザーグループまたは個々のユーザーを選択します。ユーザーの電子メールのリストを貼り付けることもできます。
    注意:時間ドロップダウンの選択は30分間隔ですが、1分単位の値を手動で入力できます。
    mceclip12.pngmceclip14.pngタイムスロットの終了時にセッションを強制的に切断する場合は、[スケジュールの終了時にセッションを強制的に切断する]をオンにします。
    注意:これは、リモートコンピューターのユーザーアカウントからログアウトしません。
    排他モード:[詳細設定]をクリックして、排他アクセスのオン/オフを切り替えます。
    mceclip1.pngこのスケジュールの一部であるコンピューターに、コンピューターが現在Windows / Macのログイン画面にある場合にのみアクセスできるようにし、コンピューターを使用してオペレーティングシステムに現在ログインしているユーザー専用のコンピューターにします。ラボにいるユーザー、またはSplashtopセッションを介してリモート接続しているユーザーに適用されます。

    切断後の自動ログアウトは、排他的アクセスに役立つ場合があります。上記のチェックボックスオプションを使用するには、ストリーマーがv3.4.4.0に更新されていることを確認してください。

  9. スケジュール一時停止/再開するには、[スケジュール]をクリックしてから、[一時停止/再開]ボタンをクリックします。 
    mceclip16.png

  10. スケジュールを複製するには、「クローン」ボタンを使います。
    mceclip16.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。