プロファイルのインポート・エクスポート

Splashtop Connector は、CSV ファイルとの間でプロファイルのインポートおよびエクスポートをサポートしており、IT 管理者がプロファイルを迅速に設定するのに役立ちます。

 

プロファイルをCSVファイルにエクスポートする方法

Splashtop Connector のメイン画面からエクスポート ボタンをクリックすると、現在のプロファイルを csv ファイルにエクスポートすることができます。

mceclip0.png

 

CSVファイルからプロファイルをインポートする方法

CSVファイルからプロファイルをインポートするには、以下のいずれかのエントリーが必要です。

  • Splashtop Connector にプロファイルが存在しない場合、空のリスト画面でインポート ボタンをクリックします。

mceclipp4.png

  • すでにプロファイルがある場合は、画面右上のインポート ボタンをクリックすると、CSVファイルからプロファイルをリストに追加することができます。

mceclip1.png

CSVファイルを手動で作成するか、エクスポートされたファイルからファイルを修正するか、または添付のサンプルファイルをダウンロードして開始することができます。以下の表では、CSVファイルの各フィールドと可能な値を説明しています。

フィールド タイプ 内容
Profile Name 文字列  

このフィールドは、プロファイルの[追加/編集]ダイアログのプロファイル名フィールドを示します。

mceclip5.png

最大 64 文字まで。名前には<>,;:"*+=\|?を使用できません。

Profile Type 整数 1(予約) これは予約フィールドです。常に1 に設定してください。
コードのデプロイ 文字列  

このRDPプロファイルの大量配布コードです。

Splashtop 製品で大量配布パッケージを作成する方法については、こちらをご確認ください。

Enable Recording 整数 0または1

このフィールドは、この特定のRDPプロファイルのセッション記録機能を有効にするか無効にするかを示しています。

0:無効

1:有効

RDP Mode 整数 1または2

このフィールドは、RDPのタイプを示しています。個々のコンピューターにはRDP、
仮想デスクトップとしては登録する場合にはRDSを使用します。

1: RDP モード

2: RDSモード

Pool Size 整数 1~100の間の値

このフィールドは、RDPモードがRDSモードに設定されている場合のプールサイズを示します。RDPがRDSモードに設定されている場合、このフィールドにどのような値が指定されていても、1に固定されます。

Target Computer 整数 1または2

このフィールドは、ターゲットコンピューターをどのように指定するかを示します。

mceclip6.png

1:接続するリモートコンピュータを指定するようにユーザーに依頼します

2: 指定された情報の固定リモートコンピュータ

IP 文字列 IPまたはFQDN

このフィールドは、リモートコンピュータのIPまたはFQDNを示しています。これは、ターゲットコンピュータ指定された情報の固定リモートコンピュータ に設定されている場合にのみ意味を持ちます。

Port 整数 3389

このフィールドは、RDPがサービスを提供しているリモートコンピュータのポートを示します。通常、ポート3389はRDPのデフォルトポートです。

このファイルは、ターゲットコンピューター接続するリモートコンピュータを指定するようにユーザーに依頼します に設定されている場合にのみ意味を持ちます。

Login Mode 整数 1または2

このフィールドは、このリモートコンピュータに接続するために、どのようなログイン認証情報を適用するかを示します。

mceclip7.png

1:「 Windows のユーザー名とパスワードでログインするようにユーザーに依頼します」
この場合には、ユーザーがリモートコンピュータにログインしようとすると、クライアントアプリ側からリモートコンピュータのログイン認証情報を入力する必要があります。

2: 「固定のユーザー名とパスワード」
この場合には、ユーザー名、パスワード、ドメイン(オプション)を指定することで、クライアントアプリ側からリモートコンピュータのログイン認証を入力することなく、ユーザーがリモートコンピュータに接続できるようになります。

Username 文字列  

これは、ログイン認証情報固定のユーザー名とパスワード に設定されている場合、リモートコンピュータの OS ユーザー名です。

Password Type 整数 1または2

このフィールドは、次のパスワード フィールドが暗号化されているかどうかを示します。

1: プレーンテキストです。手動で設定する場合にはこの値に設定して、プレーンテキストのパスワードを指定すると便利です。

2: 暗号化されています。エクスポートされたプロファイルでは、パスワードが暗号化され、このフィールドに2が設定されます。パスワードが正しいことを確認するために、このフィールドとパスワード フィールドを変更しないでおく必要があります。

Password 文字列  

このフィールドは、リモートコンピュータのOSログイン認証情報のパスワードで、上記のPassword Type フィールドの設定に応じて、プレーンテキストまたは暗号化されます。

Domain 文字列  

このフィールドは、ログイン認証におけるリモートコンピュータのドメインであり、オプションであり、必要な場合にのみ設定する必要があります。

App Mode 整数 0または1

このフィールドは、RDSがリモートアプリモードで実行されているかどうかを示します。これは、RDP モード が上記フィールドの2 (RDS モード) に設定されている場合にのみ利用できます。

mceclip8.png

0:無効

1:有効

Path Mode 整数 1または2

このフィールドは、リモートアプリの指定方法を示します。RDSでは、ユーザーはリモートアプリのエイリアスまたはフルパスのいずれかを指定することができます。

mceclip9.png

1: リモートアプリエイリアスを使用する

2: リモートアプリのフルパスを使用する

Remote App 文字列  

Path Mode1 (リモートアプリエイリアスを使用する) に設定されている場合は、リモートアプリのエイリアス名、パスモード2 (リモートアプリのフルパスを使用する) に設定されている場合は、リモートアプリのフルパスとなります。

App Parameter 文字列  

このフィールドは、リモートアプリのオプションパラメータをホストしており、RDSサーバーで有効にする必要があります。

Color Depth 整数 1、2、3、4

このフィールドは、リモートRDPセッションの色深度を示します。

mceclip10.png

1 :High color (15 ビット)

2 :High color (15 ビット)

3: True color (24 ビット)

4 :最高品質(32ビット)

 

Audio Playback 整数 1、2、3

このフィールドは、オーディオ再生の選択を示します。

mceclip11.png

1: クライアントデバイス側で再生

2: リモートコンピュータ側で再生

3: オーディオを再生しない

Enable Profile 整数 0または1

このフィールドは、プロファイルをインポート後すぐに有効にするかどうかを示します。

0:無効

1:有効

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。