制限付きのアドミン権限を付与するにはどうすればよいですか?

フォローする

Splashtop On-Prem では、管理者権限を持つユーザーが初期値ですべてのコンピュータにリモート接続を行い、管理することができます。

クライアントに管理者権限を持たせつつ、アクセスできるコンピュータを一部に限定したい場合があります。この機能を利用すると、クライアントは許可されたグループに対してのみコンピュータの追加、コンピュータの削除、ユーザーの招待などの操作を行うことができます。

以下の手順に沿って機能を有効にしてご利用ください。

グループ別管理機能の有効化

チームオーナーとしてGatewayコンソールにログインします。「管理」⇒「設定 」の順に移動します。「グループ固有の管理者のロールを有効にする」チェックボックスをオンにします。

image001.png

ユーザーをグループ固有のアドミンとして設定する

ユーザー」⇒「管理」の順に移動します。アドミン権限を与えたいユーザーの横にある歯車マークをクリックします。アドミン権限を与えたいユーザーの横にある歯車マークをクリックします。「ロールを変更」をクリックします。

changerole.png

 

ダイアログボックスが表示されます。

  1. 「アドミン」を選択します。
  2. 「通常の管理者ではなく、グループ固有の管理者に設定する」チェックボックスにチェックを入れます。
  3. このユーザーに管理させるグループのチェックボックスを選択してください。

changerole1.png

 

グループ固有のアドミンを割り当てる別の方法

グループ固有のアドミンは、「グルーピング」からも割り当てることもできます。

管理」⇒「グルーピング」に移動します。グループアドミンを設定するグループの横にある歯車アイコンをクリックします。 「グループマネージャの割り当て」をクリックします。

表示されるダイアログボックスで、このグループを管理できるユーザーを選択することができます。

groupingmanager.png

 

グループ固有のアドミンができること

グループ固有のアドミンは、自分が管理するグループ内のユーザーおよびコンピュータに対してのみ、これらの機能を実行できます。グループ固有のマネージャーは、他のグループのグループ名、ユーザー、およびコンピューターを表示 できません

  • コンピュータ名の変更
  • コンピュータのメモの追加・編集
  • コンピュータの追加/削除 (大量配布パッケージの作成を含む)
  • ユーザーの作成/有効化/無効化/削除
  • アクセス権限の設定
  • ユーザーの 2FA (2段階認証) および信頼できるデバイス

  • アドミンをグループ固有のアドミンに設定すると、管理範囲がチーム全体から特定のグループのみになります。
  • グループ固有のアドミン権限が割り当てられているユーザーは、「管理」⇒「 ユーザー 」から確認できます。グループ固有のアドミン権限が割り当てられているユーザーのロールには、「アドミン(グループ)」と表示されます。ラベルの上にマウスを置くと、ユーザーが管理するグループのリストが表示されます。
  • グループ固有のアドミンの役割は、関連するグループがGateway Web ポータルから削除されると「 メンバー 」に変更されます。

 

 

 

 

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。