リモートコンピュータのブランクスクリーン(画面非表示)が機能しない場合(Windows)

フォローする

このトラブルシューティングガイドは、 Windowsストリーマーでブランクスクリーン(画面非表示)が正常に動作しないユーザーを対象にしています。

 

 

1. はじめに

ブランクスクリーン(画面非表示)は、リモート操作している際にリモート先コンピュータのモニタ画面を非表示にする機能です。これにより、書類や操作内容を他人に見られるのを防ぎ、プライバシーを保護します。

マイクロソフトによりWindows 10 Version 2004で行われた変更により、DPMSドライバ(タイプ2)やガンマ補正(タイプ3)を含む、以前のブランクスクリーン機能が無効化されました。現在、Windows ストリーマーに新しいブランクスクリーンメソッド(タイプ 4と5) を導入しました。 ブランクスクリーンのタイプにより、サポートするストリーマーのバージョンも異なり、さまざまな制限があります。 ブランクスクリーンを正常に動作させるためには、お使いのコンピュータでどのタイプのブランクスクリーンに適応しているか確認が必要です。

 

ステップ1:Windows OSのバージョンとビルドを確認

Windows 10をご利用の場合は「winver」コマンドを実行すると、 Windowsのバージョンとビルド番号を確認することができます。

Windows 10 バージョンとビルド

バージョン

コードネーム

ビルド

10.0

Threshold

10240

1507

Threshold 2

10586

1607

Redstone

14393

1703

Redstone 2

15063

1709

Redstone 3

16299

1803

Redstone 4

17134

1809

Redstone 5

17763

1903

19H1

18362

1909

Vanadium

18363

2004

Vibranium

19041

20H2

Manganese

19042

21H1

Iron

19043

ご使用のWindows 10がバージョン 2004以降の場合は、 Splashtop ストリーマーがv3.4.2.1以降にアップグレードされていることをご確認ください。 ストリーマーがv3.4.2.1ではブランクスクリーン タイプ4、v3.4.4.0以降ではブランクスクリーン タイプ5が表示されます。

Windows 10 1909以前(Windows Vista、7を含む)の場合、ストリーマーは、コンピュータにインストールされているWDDMドライバに応じて、タイプ 2、または、タイプ3の方法でブランクスクリーンを実行します。

 

ステップ2:WDDMドライバを確認

次の手順で、WDDM のバージョンを確認できます。

リモートコンピュータ(ストリーマー)でコマンド「dxdiag.exe」を実行してDirectX 診断ツールを起動し、「ディスプレイ」タブの「ドライバーモデル」欄でWDDM バージョンを確認します。

Capture2.PNG

WDDM ドライバのバージョンが 2.2以降の場合は、ブランクスクリーン タイプ 3 - ガンマ補正 - が使用されます。

WDDM ドライバのバージョンが2.2以前の場合は、ブランクスクリーン タイプ 2 - DPMS が使用されます。

 

 

2. ブランスクリーンの制限事項

タイプ

制限事項について

2

- BIOS、ディスプレイカード、ACPI対応モニタが必要

- WDDM 2.2以降は非対応

3

- Win 10 2004以降は非対応

- DPMSドライバと競合

- 他ベンダーのミラードライバと競合

- 「ディスプレイ専用デバイス」は非対応

- USB / ディスプレイリンクモニタは非対応

- WDDM > 2.2

4

- モニターレス、および、蓋を閉じたノートPCなどは非対応

5

- Windows 10 2004以降のみ対応

 

 

3. 解決策

 

  • ブランクスクリーン タイプ 3

 

ケース1:デバイスにDPMSドライバーがインストールされている場合

> DPMSドライバをアンインストールしてください。

モニタファイルに移動します [

C:\Program Files (x86)\Splashtop\Splashtop Remote\Server for CACHATTO\Driver\Monitor] (画像1)--> “uninstall.bat”/“uninstall64.bat” を選択--> 管理者として実行(画像2)

 

png

2.png

 

ケース 2:WDDMのバージョンが2.2以前の場合

-> ディスプレイデバイスのドライバ更新を行なってください。

例えば、Intel HD Graphics 520の最新グラフィックドライバの場合、インテルのWebサイトをご確認ください。

https://downloadcenter.intel.com/product/88355/Intel-HD-Graphics-520

グラフィックドライバを更新した後、dxdiagからWDDMのバージョンを確認してください。

 

ケース3:ブランクスクリーンが一部正常に動作しない場合

-> サードパーティのアプリが影響を及ぼしている可能性があります。 ブルーライト軽減などの目を保護するアプリがインストールされていないかご確認ください。 例:flux、iris

 

  • ブランクスクリーン タイプ 5

 

ケース1:Windows 10のバージョンが2004以上だが、ストリーマーのバージョンが古い場合

-> ストリーマーを最新バージョンにアップデートしてください。

 

ケース2:USBモニタを使用していて、デバイスタイプに「表示のみ」と表示される

-> USBモニタまたは「表示のみ」モニタでブランクスクリーンを動作させるには、OSを Windows 10 2004以降、ストリーマーをv3.4.4.0以降にアップデートする必要があります。 ブランクスクリーン タイプ5は、ハードウェアへの依存度が低く、USBモニタ、または「表示のみ」モニタでほぼ動作します。

 

ケース3:ブランクスクリーンでマウスカーソルが表示される

-> ブランクスクリーン タイプ5では、以下の項目が制限事項として確認されています。

  • ブランクスクリーンでマウスカーソルが表示される
  • ログイン前、または、ロック画面で画面表示される
  • 「Ctrl + Alt + Del」を押すと画面が表示される
  • マウスカーソルをタスクバーのサムネイルの上に移動してウィンドウをプレビューすると画面が表示される

 

ブランクスクリーンの動作に関して、上記項目をお試しいただいても問題を解決できなかった場合は、Splashtop On-Prem サポートまで、ストリーマーのログを添付してチケットでお問合せください。 ストリーマーのログには、「ストリーマー」メニューの「詳細設定」タブ → 「ログフォルダを開く」リンクからアクセスできます。

 

 

3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。