ユーザーアカウントの作成

[ Gateway v1.1.9 以降]

ユーザー管理は、「https://{gateway}」⇒「管理」⇒「ユーザー」から行います。

 

mgmtusers.png

ローカルアカウントの作成

addusers.PNG

フィールド 内容
アカウント これはユーザーのログインアカウントであり、システム内で一意です。
Password 6 文字以上で設定します。
次回のログイン時にパスワードの変更をリクエストする このオプションを使用すると、ユーザーがシステムにログインするときに、パスワードを変更する必要があります。
ユーザーの有効にする

アカウントが有効になっている場合、ユーザーはリモートセッションを確立することができます、アカウントが無効になっている場合、ユーザーはGatewayコンソールにアクセスできますが、リモートセッションは使用できません。

グループ グルーピングはユーザー管理やアクセス許可を行うのに効率的です。
ロール

システムには、次の 2 種類の権限があります。
管理者(オーナー、アドミン): 管理者は、ユーザー、コンピューターの管理、アクセス許可の付与などを行うことができます。管理者もリモートセッションを行うことができます。

メンバー: メンバーは、アクセス許可が付与されたコンピューターにリモート接続のみ行うことができる権限です。

SOS技術者 ご契約に技術者ライセンスが含まれている場合は、ユーザーを作成するときに SOS 機能を有効にして、オンデマンドサポートを利用できるようにすることができます。

 

AD アカウントの追加

ADサーバーが正常に認証されると、「システム」⇒「Active Directory」タブのADサーバーリストに表示されます。次に、「管理」⇒「ユーザー」から、「+ADユーザー/グループの追加」ボタンをクリックします。

  • 種類: AD ユーザーを選択すると、AD の個々のユーザーが認証され、Splashtop Gatewayに追加されます。AD グループを選択すると、その AD グループ メンバーの一括認証が許可されます。(グループメンバーは、最初にGateway Webポータルにログインする必要があり、その後ユーザーリストに表示されます)
  • AD サーバー: ターゲット AD ユーザーまたはグループを含む AD サーバーを選択します。
  • アカウント: ターゲット AD ユーザーまたはグループのsAMaccountName@ADDomainName (ローカル AD ドメイン名) を入力します。
  • グループ: AD ユーザーまたは AD グループが一度追加されると分類される最初のSplashtopグループを選択します。
  • ロール: 「アドミン」または「メンバー」を選択して、ニーズに合わせたさまざまなアクセス許可を割り当てます。
  • *SOS技術者:SOSオンデマンドサポート機能を有効にします。(※ご契約ライセンスに基づく)
  • 確認: 認証のために AD ユーザーまたはグループの可用性を確認します。
  • 追加: 検証済みの AD ユーザーまたはグループをターゲット グループに追加します。

Picture1.png

 

AD グループ メンバーの追加

緑色のユーザー アイコンは、下のスクリーンショットに示すように、AD ユーザーまたは AD グループを表しています。AD グループがSplashtop Gatewayに追加されている場合、関連付けられている AD メンバーが既に認証されており、Splashtop GatewayとOn-Premアプリにログインできることを意味しています。

AD グループ メンバーの AD ユーザーは、AD アカウントでGatewayポータルまたはOn-Premアプリに少なくとも 1 回ログインした後、AD グループ メンバーに表示されます。対照的に、Gateway に追加された AD 個々のユーザーは、プロパティをすぐに表示および変更します。

注意: 親 AD グループを介して認証された AD アカウントは、そのグループのユーザー ロールとアクセス許可を継承します。

 

Picture2.png

認証に成功したすべての AD ユーザーは、AD 資格情報を使用してOn-Premアプリにログインし、Splashtop リモートサービスの使用を開始できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。