きめ細かい制御(粒度制御)

詳細コントロールを使用することでチーム機能をより細かく接待できます。例えば、特定機能を特定ユーザー、または、特定のユーザーグループに設定して制限できます。

 

詳細:

  • Splashtop On-Premでは、きめ細かな制御機能を使用して、チーム内のユーザーのファイル転送、コピーペースト、リモートプリント、リモートコマンド、リモートコントロール、2 段階認証を設定できるようになりました。

デフォルト詳細設定

  • チームのオーナーは、[管理 → 設定] [デフォルトの詳細設定] で、ユーザーロールごとにデフォルトの機能アクセス許可を構成できます。 これにより、ユーザーがチームに招待された際のデフォルトのリモートアクセス権限設定が決まります。(例:「デフォルトの詳細設定」でオーナーとアドミンにチェックが入っている場合、その設定がチームに初めて参加したときのデフォルトになります)。
  • アドミンが設定可能:このオプションを選択すると、アドミン/グループマネージャーは、特定の機能に対してメンバーの機能を構成する権限が付与されます。

 

「ユーザー」タブの「きめ細かな設定」

  • [ユーザー → 管理] で、グループごとに詳細コントロールを構成することもできます。グループ名の右側にある歯車ボタンをクリックし、「詳細コントロール」をクリックします。
    mceclip7.png
  • ユーザーごとに設定を行うには、ユーザー名の横にある歯車ボタンをクリックし「詳細コントロール」をクリックします。
    mceclip5.png

    mceclip6.png
  • オン:選択した機能を利用することができます。
  • オフ: このユーザーは、選択した機能にアクセスできません
  • グループに従う:このオプションを選択すると、グループの詳細設定に従います。ユーザーグループの詳細な設定を設定するには、グループ名の横にある歯車ボタンをクリックし、「詳細コントロール」を選択します。
    • グループ設定を調整するときに、グループ全体のこのオプションをオン/オフにするか、チームのデフォルト設定に従うように構成できます。
  • デフォルト: このオプションを選択すると、[管理→設定] の下の [既定の詳細な設定] のセットに従います。

一括アクション

  • [ユーザー→管理] で、一括アクションによる詳細コントロールを構成することもできます。
  • アカウントの左側にあるチェックボックスをクリックして、アカウントを選択します。 次に、[一括アクション] ボタンをクリックして、選択したアカウントの詳細コントロールの項目を構成します。
  • 「適用」ボタンをクリックして、設定を保存します。
  • mceclip0.png
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています