Gateway Web ポータルでのセッション録画

セッション録画の詳細設定

web_sessionrecording.png

 

 

自動録画

  • 「自動ビデオ録画」にチェックを入れると、On-Premアプリは、セッション開始時に各リモートセッションを自動的に録画します。

 

  • 「Gateway Webポータル」⇒「管理」⇒「チームの設定」⇒「Splashtop リモートサポート設定」項目の「セッションの記録を許可します」の(詳細設定)で設定した記録が優先されます。
    On-Premアプリの「オプション」⇒「詳細」⇒「セッション録画」項目に「セッション録画はチーム設定で管理されます」と表示され、Splashtop Gateway Webポータルでの設定が上書きされます。

 

src_sessionrecording.png

 

 

プラットフォーム

  • 現在、WindowsとMacOSのみに対応しています。

 

ストレージパス

セッション録画ファイルは、UNCパスをマッピングすることにより、On-Premアプリコンピュータまたはネットワークドライブのさまざまな場所に保存できます。

  • 初期値
  1. Windows - C:\Users\username\Documents\Splashtop On-Prem
  2. MacOS - /Users/username/Documents/Splashtop On-Prem
  • 詳細
  1. On-Premアプリコンピュータからローカルフォルダパスを手動で入力します。
  2. WindowsのUNCパスを手動で入力します: \\servername\path
  3. MacOSのUNCパスを手動で入力します:   //servername/path
  4. 最大パス長:256文字
  • アプリの設定

On-Prem アプリの設定に基づいてストレージパスをたどります

サイズ制限

記録ファイルの合計サイズが、サイズ制限を超えると、記録ファイルは自動的に削除されます。

  • 最小値:0MB(無制限、On-Premアプリコンピュータで使用可能なすべてのスペース)
  • 最大値:40,000MBまで

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。