セッション録画

画面録画機能を使用すると、リモート接続中にリモートコンピュータの画面を録画することができます。リモート接続が終了すると、録画ファイルが自動的にローカルに保存され、今後のトラブルシューティング、トレーニング、監査などの目的に利用できます。

 

セッションの自動録画

Splashtop On-Prem のユーザーは、Splashtop On-Premアプリでセッションの自動録画を有効にすることができます。このオプションは、「ファイル」⇒「オプション」⇒「詳細」タブを選択します。この「セッション録画」をオンにすると、すべてのリモート接続で画面録画が開始されます。

mceclip1.png

 

 

手動セッション録画

デフォルトでは、自動セッション録画は無効になっています。リモート接続中どのタイミングでも、メニューバーにある「収録を開始」ボタンをクリックすると、画面録画を開始することができます。

mceclip2.png

 

録画ファイル

録画ファイルは、Splashtop On-Prem のクライアントデバイスの ../Documents/Splashtop On-Prem フォルダに保存されます。ファイルは .webm 形式で保存されています。Windows Media Player で .webm ファイルが開けない場合は、Chrome タブにファイルをドラッグして再生することができます。

mceclipp4.png

セッション録画に関して、いくつかの注意点があります。

  • 同じリモートコントロールセッションに属するものであれば、複数の録画セッションの録画ファイルは1つに統合されます。
  • セッション収録では音声は取り込まれません。
  • ビデオにカーソルを表示するには、「リモートカーソルを表示」オプションを有効にします。

mceclip3.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。