Splashtop Gateway Webポータルへのアクセス

Splashtop Gateway Web ポータルは、Splashtop On-Prem システムを設定および管理するための Web ベースのコンソールです。ウェブブラウザ( Google Chrome推奨)からアクセスできます。

Splashtop On-Prem システムに登録されているすべてのユーザーには、ゲートウェイ Web ポータルへのアクセスが許可されていますが、利用できるメニューはユーザーの割り当てられた役割によって異なります。

オーナー/システム管理者が利用できるメニュー:

mceclip0.png

グループマネージャーが利用できるメニュー:

mceclip1.png

アドミン以外のメンバーが利用できるメニュー:

mceclip2.png

 

Gateway Webポータルへのアクセス方法

Gateway Webポータルは、ウェブブラウザを開き、Gatewayサーバーのアドレスを入力することで簡単にアクセスすることができます。

アドレスの形式は以下のように定義されています。

https://(サーバーのIPアドレス):(ポート番号)

アドレスの入力例: https://192.168.1.100:443

アドレスは、IPアドレスが192.168.1.100のGatewayサーバーを指しており、サーバーはデフォルトのポート443を使用しています。

 

HTTPではなくHTTPSを使用する

Gateway Webポータルにアクセスする際には、 http ではなく、 https を必ず使用してください。
SSL 暗号化を使用した安全なhttp 接続となります。

 

サーバーのIPアドレス

Splashtop GatewayがインストールされているサーバーマシンのIPアドレスです。同じ LAN ネットワーク上にあるコンピュータから接続する場合はローカル IP アドレス、インターネット経由で接続する場合はパブリック IP アドレスになります。サーバーマシンに複数のネットワークカードが搭載されている場合は、どのIPアドレスからでもGatewayのWebポータルにアクセスすることができます。この機能により、GatewayサーバーマシンをDMZネットワークに安全に配置することができます。

 

ポート番号

デフォルトでは、Splashtop On-Prem はポート番号 443 を使用していますが、以下の記事の手順に従ってポート番号を変更することができます。

ネットワークポートの変更方法は?

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。