Splashtop Gatewayのアップグレード/ロールバック

 

Gatewayをアップグレードする手順

  1. *重要!アップグレード/ロールバックする前に、既存のゲートウェイを[ゲートウェイ]-> [システム]-> [メンテナンス]-> [バックアップ]からバックアップしてください。何か問題が発生した場合は、既存のバージョンに復元することができます。
  2. MSI を直接実行して Gateway をアップグレードします。アップグレード中は、既存のセッションは切断されます。MSIのインストールが完了すると、StreamerはGatewayに再接続します。ストリーマーの数が数百台までの通常の導入規模であれば、再接続プロセスは20分を超えないはずです。ストリーマーの数が数千台に及ぶ場合は、再接続プロセスに2時間ほどかかる可能性があります。
  3. アップグレードが完了したら、1分ほど待ってデータベースを初期化してから、Webコンソールを起動します。Web コンソールを起動すると、ログイン画面が表示されます。OOBE Web ページが表示された場合 (つまり、EULA への同意を求められたり、データベースのパスワードやチームオーナーの設定を求められたりした場合)、 Splashtop Gateway Service を再起動し、 Web コンソールに再接続してください。DBパスワード/チームオーナーを再度設定しないでください。
  4. エンドユーザーに通知する必要がある場合は、アップグレードのためにシステムダウン時間を確保することを考慮してください。通常サイズのデプロイメントでのアップグレードは通常1時間以内に完了しますが、大サイズ(3000以上のストリーマー)の場合は、プロセス全体が完了するまでに最大3時間かかることがあります。

 

 

アップグレード前のGatewayのバージョンにロールバックするための手順:

これは一般的ではありません。 しかし、アップグレード後に大きな問題が発生した場合は、以下の手順でロールバックしてください。

  1. ゲートウェイをアンインストールする前に、「Windows Defender Firewall with Advanced Security」を起動してください(Windows 7、Windows Server 2008以降で対応、XP、Server 2003では「Windows Firewall」を使用します。)。
  2. 「Inbound Rules」から 「Splashtop® Gateway」ルールを削除します(現在のGatewayをアンインストールした後、プログラムパスが見つからないため、無効化/許可しないルールは機能しません)。

mceclip1.png

 

  1. ルールを削除した後、問題のある Gateway をアンインストールします。
  2. 以前の正常なGatewayを新たにインストールし、Webコンソールを起動し、OOBEプロセスを実行します。
  3. 以前にバックアップした backup.sql ファイルを復元します。(サービスが再起動されるので、健全なGateway オーナーアカウントの認証情報でログインしてください。)
  4. 有効なライセンスをインポートします。
  5. 管理者権限で cmd を実行し、443 番ポートの通過を許可するようにルールを追加し直します。 exe advfirewall firewall add rule name="Splashtop® Gateway" dir=in action=allow program="C:˶ Files (x86)˶Splashtop® Remote\Splashtop Gateway\jre\bin\java.exe"
  6. 「Windows Defender Firewall with Advanced Security 」でルールが追加されたことを確認してください。
  7. ストリーマーは次の再接続間隔でオンラインに戻るか、ストリーマーを再起動するとすぐに再接続されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。