RDPと同時にリモートセッションを実行する

Splashtop On-Prem は、Microsoft Remote Desktop Connection (RDP) と同時にリモートセッションを実行できるようになりました。これにより、SplashtopユーザーとRDPユーザーのコラボレーションに多くの利便性とメリットをもたらします。

mceclip0.png

上の図では、ユーザー1はRDPクライアントを使用してRDP経由でサーバーマシンに接続し、ユーザー2はSplashtop On-Premクライアントを使用してSplashtop経由でサーバーマシンに接続しています。どちらのユーザーも、サーバーマシンの表示と制御を行うことができます。

Splashtop On-PremクライアントからStreamerに接続しようとしたときに、Splashtopが(Streamerがインストールされて実行されている)Serverマシンとの間で進行中のRDPセッションがあることを検出すると、On-Premクライアントの上部のツールバーにRDPセッション選択アイコンが表示されます。

mceclip1.png

セレクターには2つの選択肢があります。

5 - コンソール

2 - RDPユーザーのログイン情報

デフォルトでは、選択者はコンソールオプション(オプション5)を選択したままで、リモートのサーバーマシンは Windows のログインページを表示します。パスワードの入力を進めると、Splashtop はサーバーマシンへの Streamer セッションを確立しますが、同時に既存の RDP セッションを強制的に切断します。

セレクターをオプション2に変更すると、On-Premクライアントはログインをスキップして、リモートのサーバーマシンに接続します。実際には、On-PremクライアントのウィンドウにはRDPクライアントと同じコンテンツが表示され、両方のウィンドウが同期した状態になります。この動作の理由は、Streamerが、サーバーマシンのオリジナルのディスプレイではなく、RDPウィンドウを表示源として使用するためです。このようにして、2人のユーザーが異なるプロトコルで2つのクライアントデバイスを使用して、サーバーマシンを同時に表示し、制御することができます。

RDPとの同時作業は、WindowsおよびMacのOn-Premクライアントで利用できます。現在お使いのクライアントアプリでこの機能が利用できない場合は、On-Premクライアントを新しいバージョンにアップデートする必要があるかもしれません。WindowsおよびMac用の最新のOn-Premクライアントアプリは、以下のサイトからダウンロードできます。

https://support-splashtoponprem.splashtop.com/hc/en-us/categories/900000026943-Announcements-Downloads

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。